嫁入り道具ならぬ嫁入り犬

うちには今年の夏で19年目に入る老犬がいます。私が独身の頃から一緒で、引っ越す度に一緒に動いてました。
19年になるのにもかかわらず、全然元気で今は主に室内で過ごしてますが、ちゃんとトイレにも行けてるので、助かってます。

そんな愛犬のご飯を買いに行きました。まだドックフードをカリカリ食べるか、柔らかめのものをモグモグしてます。
たまたま売り場に、ドックフードの販売員さんがいて声をかけられました。
何歳になるのか聞かれて、今年の夏で19年です。と答えると大変驚いていて、健康なのかとか、足腰はどうなのかなど色々話し込んでしまいました。
その販売員さんが押している物は、結構お高めな物だったので、申し訳無いけど別の物を選んだのですが、どれにするか迷っていると、19年も生きてきているのなら、ワンちゃんが好きなものをあげて下さいね。とサンプル品を大量にくれました。

帰ってからサンプルで貰った物をあげるとすぐ食いつき完食しました。私が選んだものもあげましたが、やはりすぐ完食してくれました。
サンプルで貰ったのは食べて、私が選んだものを食べなかったら、サンプルの方のを買わなければ。と思っていたので、内心セーフ!でした(笑)

たまたま買ったドックフードの袋の中に、犬用のオムツのチラシが入っていて、見ると尻尾のところに穴が空いていなければ普通に赤ちゃんのオムツでした。
それを見ながら、いつかオムツを使う時も来るのかなぁと少し寂しい気持ちになりましたが、まだジャンプして飛びついて来る程元気なので、先の事になりそうです。

去年生まれた娘が歩き出したら、3人でお散歩に行きたいですね。今は部屋が別々なので、遠くから見守っていてくれてます。

留守中の犬の行動記録にカモフラージュカメラがおすすめです